【猫初心者 必見】猫がハマるおやつの選び方

猫のおやつってたくさんあって悩みますよね。特に猫を飼いたての人だったり、猫が少し大きくなってきてご飯の他にもおやつをあげるという事知ると、せっかくならおいしいおやつをあげたいとなるものです。

猫のおやつとは、ここ何年かでCMで一度はみたことあるような「ちゅ〜る」が代表格として色々なタイプの猫おやつが発売されています。

猫おやつを選ぶときのポイントとして、普段食べているごはんとバランスをとることを意識して選んであげると良いでしょう。 猫が好むおやつを見つけて毎日のコミュニケーションを楽しんでください!

関連記事:【種類別】猫初心者のための安全安心なオススメ猫ドライフードと選び方

目次

猫初心者が気になる人気の猫おやつってどんなものがあるの?オススメは?

以前に比べ、主食であるドライフード(カリカリ)やウェットフード(缶詰・パウチ等)などのほかに「おやつ」だけを目的とした商品が増えましたね。

いつものごはんを変えることはなかなかできませんが、「おやつ」で猫の気分転換と体調を整えることも考えてみると良いでしょう。

もちろん主食だけでも栄養バランスを維持することは可能です。

でも猫の気分転換にもなる「おやつ」を買ってあげたくなりますよね。

たくさんある中から選ぶ時に気をつけなければならないことと、それぞれの種類と特徴をお教えします。

まずは、いつもの食べてる猫ごはんを知る

毎日主食としているごはんがどのような種別なのか、栄養目的が何なのかをきちんと理解することが重要です。

水分量、栄養素、特性、種類によって特徴は様々です。毎日食べるものだからこだわって選んでる方も多いと思いますが、今一度どんなものをおうちの猫が食べているか確認してみるのもいいでしょう。

まずは普段のごはんを把握し、その上でおやつを選ぶようにしてください。

ドライフードがメインの猫には水分量が多いおやつを、排泄の調子が悪い猫には食物繊維を重視したおやつを、など、普段のごはんに「おまけ」として追加するにはどの種類が良いのかを考えてみると栄養バランスが取れます。

猫は胃腸が弱く吐いたり排泄がうまくいかなくなったりしやすい動物です。主食とおやつの栄養や食物繊維をバランス良くすること重視してください。

おやつは与え過ぎも禁物です。主食ではないので適量を意識しましょう。

おやつも好みがありますし特徴もバラバラです。愛猫に満足してもらい健康を維持するために、その子に合ったおやつを選びましょう。

まずはどんな種類があるのかご紹介します!

  

ペーストタイプの猫おやつ

代表的な商品として「ちゅ〜る」が一番最初に頭に浮かびますね。

どこのお家も試したことがあるのではないでしょうか。

液体タイプの特徴としては、消化しやすく量も管理しやすいということが挙げられます。

年齢を重ねた猫は消化機能が落ち代謝が悪くなります。体重や食事の量が変化した場合は、獣医師さんへ食事の変更を相談し場合によっては水分量が多い食事で消化を助けることもあります。

最近の猫フードは添加物・着色料不使用の商品も多く、たくさん食べても気にならないことが安心ですね。

ただ、水分量が多いおやつはドライフードに比べ口内に残りやすいので食べすぎに注意です。

歯垢から様々な病気になる可能性があるので、水分量が多いおやつを与える時は歯磨きの頻度も考えて与えましょう。

オススメのペーストタイプのおやつ

 SNSでの反応

かつおぶしタイプの猫おやつ

猫の好物かつおぶし。食卓にかつおぶしがあると寝ていても起きてくるくらい大好きなものの一つですよね。

ただ猫にとっては人間用のかつおぶしは良くないと言われています。

なぜならミネラルと塩分量が過剰だから。

ミネラルが過剰になると体内に余分に蓄積され尿路結石を起こす原因となりますし、塩分過多も泌尿器系の病気になりやすい猫にとってはよくありません。

では猫用のかつおぶしは問題ないのでしょうか?

かつおぶしの栄養素は主にビタミンB、D、Eや、ナトリウム、カリウム、リン、マグネシウム、鉄、亜鉛などです。

猫の健康に必要な栄養素も十分にあるので、多く与え過ぎなければ問題ありません。メーカーと種類によって含有栄養素も異なるので、適量を意識して食べさせてあげてください。

何事も「適量」を意識しておやつタイムを楽しみましょう。

オススメのかつおぶしタイプのおやつ

ペッツマム
¥360 (2021/10/28 17:43時点 | 楽天市場調べ)

  

ドライタイプの猫おやつ

個包装になっているカリカリおやつの種類が豊富になりましたね。

猫の年齢によっては主食ドライフードの量も減ってしまいますが、歯垢を除去して口内環境を整えるためにもある程度の量を食べることは必要です。また味が違うごはんを食べることは猫にとって気分転換にもなります。

種類も豊富なので、好みの味が見つかったら猫も飽きずにずっと食べてくれます。

水分摂取量が減らないように量とタイミングを考えて与えるようにしましょう。

オススメのドライタイプのおやつ

 

ガムタイプの猫おやつ

ガムタイプは好き嫌いがあるので、なかなか買う勇気が出ない人も多いでしょう。

ただ、歯磨きが苦手な子やウェットフードばかり食べている子は好みのガムを見つけて定期的に食べさせることをオススメします。

ガムは犬用のイメージが高いですが、猫用も種類も多く好みのものが見つかるかもしれません。

きちんと密閉すれば保存もある程度効くので、週に1回程度試してみては?

オススメのガムタイプのおやつ

  

猫草

猫草はおやつというより、置いておけば勝手に食べてくれるという印象ですね。

毛玉を出してくれる効果だけでなく、便秘解消の効果もあるのでペットショップで見つけたら買ってみるといいですよ。

毛玉をなかなか吐かない猫などにオススメです。食物繊維を摂取したい時に試してみてください。

ただし猫草は好き嫌いが分かれるので大量購入はオススメしません^^;

猫が好きな味かどうかを確認してからおやつを選ぶといいですね。 

オススメの猫草 

まとめ / 猫が好きなおやつを見つけて毎日「適量」を守ろう

おやつは色んなタイプがあって迷いますよね。

どれも猫の気分転換になりますし、何よりも自分の手からあげる喜びは大きいですね。おやつタイムはコミュニケーションの時間でもあります。

猫の好みがどんなものか、また普段のごはんに合わせてバランスが取れるおやつはどれなのか栄養素も確認して購入してくださいね!

猫が喜ぶおやつを見つけたときは嬉しいものです。

量も適量に、それぞれの栄養素や水分量を確認して与えてあげましょう。

是非お気に入りの猫おやつを探してみてください!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる