ギャザーフリーエーカー・キャットフードの口コミ評判は?実際に使った感想も!

ギャザーフリーエーカー キャットフード

近年は多種多様なプレミアムキャットフードが購入できますよね。

今回はオーガニックキャットフード『ギャザーフリーエーカー』というブランドについてお話しさせていただきたいと思います。

 

ギャザーというブランドは比較的新しく、知らない方も多いと思います。

といいますのもギャザーが日本で販売されるようになったのは2017年からとつい最近のことなんですね。

 

ですのでこの記事にたどり着いたあなたは、きっと愛猫ちゃんのキャットフードに関心がありきちんと勉強されている方ではないでしょうか?

そして、愛猫にもオーガニックな安全なフードをあげたいな、と考えられているのではないでしょうか?

 

ただ、少しお値段が高いフードになりますので吟味してから購入したいですよね。

 

そんな私は愛猫への食事のローテーションのひとつとして、ギャザーを利用しています。

ギャザーには他のキャットフードにはないこだわりもあり、それが続けているポイントでもあります。

 

今回はギャザーフリーエーカーについておすすめポイント実際の口コミなどを実際にあげてみた体験談とともにお伝えさせていただければと思いますので、気になっている方は是非参考にしてみてくださいね!

 

ギャザーフリーエーカーについてはもう知っているから口コミだけみたい!という方は

ギャザーフリーエーカーキャットフードの口コミ評判!

の項に飛んじゃってくださいね!

ギャザーフリーエーカー・ キャットフードの口コミ評判は? 実際に使った感想も!

 

ギャザーを製造しているのはカナダのペットキュリアン社という、ナウフレッシュ やGOといったブランドを展開しているところと同じなんです。

ナウフレッシュ やGOも高品質なフードとして多くの方に支持されていますので、ギャザーも高品質なものが期待できますね!

 

ナウフレッシュについてもこちらで紹介していますのでよかったら覗いてみてください。

ナウフレッシュを実際に与えた私の評価・口コミ!アレルギーや腎臓疾患の猫も食べられるかも調査!
プレミアムキャットフードといっても数が多くてどれがいいのか悩んじゃいますよね。 私も自分の猫に合うフードを探すために色々なものをあげてきました。 その中でも今回は多くの子におすすめできるキャットフード『ナウフレッシュ』シリーズに...

 

ギャザーフリーエーカーの基本情報

原材料 チキン(オーガニック)、乾燥チキン(オーガニック)、エンドウ豆(オーガニック)、レンズ豆、鶏脂肪(ミックストコフェロールで酸化防止)、フラックスシード(オーガニック)、天然香料(チキン由来)、ブルーベリー、クランベリー、乾燥ローズマリー、卵殻粉、ビタミン類(ビタミンAサプリメント、ビタミンD3サプリメント、ビタミンEサプリメント、ナイアシン、イノシトール、L-アスコルビン酸-2-ポリリン酸塩(ビタミンC源)、硝酸チアミン、d-パントテン酸カルシウム、リボフラビン、塩酸ピリドキシン、葉酸、ビオチン、ビタミンB12サプリメント)、ミネラル類(タンパク質キレート亜鉛、タンパク質キレート鉄、タンパク質キレート銅、タンパク質キレートマンガン、ヨウ素酸カルシウム、セレン酵母)、DL-メチオニン、タウリ
カロリー 347カロリー/100グラム
成分 タンパク質30%以上、脂質16%以上、粗繊維4.5%以下、灰分9.0%以下、水分10%以下、リン0.7%以上、マグネシウム0.09%以下、タウリン0.21%以上、オメガ6脂肪酸2%以上、 オメガ3脂肪酸0.4%以上
値段

1782円(税込)/454グラム

6264円(税込)/1.81キロ

9288円(税込)/3.63キロ

原産国 カナダ
対象  成猫

 

主原料にオーガニックという文字が目につきますね!!

 

成分は他のプレミアムフードに比べるとたんぱく質や脂質、カロリーも控えめなので、運動力の多い成長期の猫ちゃんというよりは、運動量が少なかったり、避妊・去勢手術後の少し落ち着いた猫ちゃん用という感じですね。  

 

ギャザーは公式サイトからの販売がないので、楽天やアマゾンを含め通販サイトからの購入が可能です。

 

私はこちらのプレミアムキャットフード専門店から購入しています!

楽天やアマゾンの口コミでは粒が粉々になっていた・・・というのも見かけましたが、私は今までこちらで購入して粉々になっていたことはないので、おすすめです。

ギャザーフリーエーカーキャットフードおすすめポイント!

 

早速ギャザーフリーエーカーのオススメポイントから紹介していきます。

オーガニック原材料を使用

 

ギャザーでは主原料であるチキンをはじめ、エンドウ豆やフラックスシード(亜麻仁)など可能な限りオーガニック認証されているものを使っています。

オーガニックと名乗るのは簡単ですが、ギャザーのオーガニック認証は自社でオーガニックと謳っているのではなく、以下の第三者機関の認定を受けていれっきとした本物のオーガニック原材料です。

 

【CORオーガニック認証】

カナダの有機認証制度に基づき、決められた水準に達したもののみが与えられる認証です。

カナダの有機制度は日本の有機JASマークと同等性があることが認められており、オーガニックであることの原則は以下のようになっています。

 

『可能な限り環境への負担を減らしながら生産された飼料を給与すること及び動物用医薬品の使用を避けることを基本として、動物の生理学的要求及び行動学的要求に配慮して飼養した家畜又は家きんから生産される食品であること』

 

【USDAオーガニック認証】

アメリカ農務省機関であるNOPが定める水準に達したもののみが与えられる認証です。

NOPが定める水準もカナダや日本と同じように大変厳しく設定されており、栽培地では3年以上農薬を使用していないことや有機栽培であることを証明する書類が必須となり、出来上がった有機食材の提出と検査官による現地調査を問題なくクリアできたものだけが認証されます。

 

ギャザーではこの2つの認証を受けたオーガニック食材が使われています。

さらにギャザーでは商品のパッケージについてもUSDAのオーガニック認証を受けています!

ヒューマングレードの食材が使われているだけではなく各国からの有機認定を与えられた食材・パッケージだと可愛い猫にあげるものとして、とっても安心感が違いますね!

 

もちろん化学的な着色料や保存料などは不使用です。

 

品質が確かで安全なものだけを猫にあげたい!という方にはとてもおすすめのフードです!

 

可能な限り自然のものを使い猫の健康に配慮

 

ギャザーは自然食材を使えば余計なものは入れなくていいという考えで作られているフードです。

 

ですので、栄養添加物も極力抑えれるような原材料の配合になっています。

例えばカルシウムは卵の殻を配合することで補っています。

 

また猫がかかりやすい泌尿器系の疾患に配慮し、原材料にはクランベリーを用いています。

クランベリーにはプロアントシアニジンという成分が含まれており、下部尿路の健康維持も期待できます。

 

またギャザーでは動物性原材料をチキンのみとして、穀物は使用していません。

アレルギーをもつ猫の中でも穀物アレルギーを持った子は多いので、アレルギー対策としてもオススメできるフードですね!

 

我が家の猫は食にうるさいのですが、そんな子たちも喜んで食べてくれるフードです!

 

膀胱炎や結石などは猫の20%がかかってしまう病とも言われているので、泌尿器に配慮した食材の使用は非常に嬉しいですね。

 

ギャザーフリーエーカーキャットフードの口コミ評判!

 

ギャザーのおすすめポイントはわかったけど、実際の評判がどうなのかも気になりますよね!

 

ケミカル&食物アレルギー持ちのにゃんと生活しているため、食材及び安全性にはそこそこ気を使っているつもりで、このごはんは私とにゃんの条件をクリアしたため、リピートしています。
ギブルは本当に小さい!しかし、全臼歯抜歯をしていて、丸呑みするうちのにゃんには良いようです。
薫り控えめで、さらっとした感じ。
オーガニックごはんにありがちですが、なくなる頃にはパッケージの中にかなりの粉々が‥‥。

(引用:楽天

 

アレルギー猫ちゃんにもあげられるというのは飼い主さんとしては本当に嬉しいですね!

アレルギーでなくても大切な猫ちゃんには長生きをして欲しいですから、安全で安心なフードを与えたいですよね。

 

粒が崩れやすいとのこと・・・ちなみに我が家ではこういった経験はありません。

おそらく輸送や配送の時点で崩れた可能性が多いと思います。

私が購入しているプレミアムキャットフード専門店『tama(たまのおねだり)』 はそういったことがないのでおすすめです!

 

とても小粒なので、噛まずに吐き戻すことが増えた時などに重宝します。

素材も安心感が持て、癖のない香りです。

メインにするには少々高級なのでサブ的に利用してます。

(引用:楽天

 

キャットフードはにおいがきついものが多い中、たんぱく質量が高い他のプレミアムフードに比べギャザーはにおいもきつくありません。

それだけでも体に優しそうですね。

 

高級フードなのでこちらの方のようにローテーションの1つにしたりするのは私もおすすめです!

 

安心してあげれるフードの一つで 開けると 良い香りで サクサクした感じがします。
食いつきは 良い方なのでリピしてます。
ただ小粒なので丸飲みしやすいですね。
あとこれだけだと うちのニャンコ達は便秘気味になるので 繊維質の多いフードと混ぜてあげてます。

(引用:楽天

 

ギャザーは「小粒で丸のみしてしまう」という口コミが多かったのですが猫は丸のみする習性がある生き物なので、粒が大きめのものを食べてしまうと嘔吐してしまうことがあります。

 

ギャザーは小粒のため丸のみしても吐き戻してしまうことが少なく、そこも大きな評価ポイントですね!

 

ただ我が家の猫のように小粒のフードに慣れていない子は始めはポロポロとこぼしてしまうかもしれませんが、美味しいフードなので食べるのも嫌がらず完食してくれています!

 

アレルギー対策として活用されてる方もいらっしゃるようなので、参考にしてみてはいかがでしょうか??

 

私がギャザーを実際に使ってみたレビュー

 

まず、私がギャザーを選んだ理由ですが、やはりオーガニックの原材料をふんだんに利用している贅沢なフードだったからです。

大切な猫たちには長生きをして欲しいですから、本当に信頼できる原料のみを利用しているキャットフードをあげたかったのです。

 

ギャザーのオーガニックはカナダとアメリカの認定機関が認定しているもので、信頼度も高いです。

 

我が家の猫は今まで食べたことのないフードだと、まずクンクンと匂いを嗅ぎ、気に入れば口にしてくれるのですが気に入らないと口にも入れてくれません。笑

はじめてギャザーを与えた時も匂いを嗅ぐとすぐに気に入ってくれてペロッと食べてしまいました!

 

毛艶の維持に役立つと言われているオメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸も配合されているため、被毛もふわふわサラサラを維持してくれています!

 

ギャザーはお高めということもあってローテーションをしている方が多いようですが、我が家もローテーションのひとつとして使用しています。

 

ギャザーは魚が一切使われていないので、魚にしかない素材の栄養が取れるナウフレッシュやオリジンなどとローテーションをし、それぞれにないところを補いつつ、それぞれの強みを満遍なくあげたいという思いからです。

 

また、我が家の猫はずっとギャザーのみを与えていると飽きてくるようなので、猫が飽きてきたなあと感じはじめたら他のフードに変えてみるなどローテーションしています。

 

「同じものだけは嫌だ!」という猫ちゃんの場合は、お気に入りの1つとしてローテーションに混ぜてみることをおすすめします。

 

まとめ

ギャザーのおすすめポイントや口コミを紹介させていただきました。

オーガニック原材料を使用し、猫の健康維持を考えられたフードです!

 

少しお値段も高くはありますが国の定めに基づいた高品質なフードであることを考えると、とてもいいフードであることがわかりますよね。

 

グレインフリーで小粒といった特徴もあるので、穀物アレルギーや嘔吐しやすい子にもおすすめの商品です。

原材料までこだわりたい方や穀物アレルギーの猫ちゃんと暮らす方は、お試ししてみる価値があると思います!

 

私自身も今後もローテーションのひとつとしてギャザーを与え続ける予定です‼︎

 

プレミアムキャットフード専門店『tama(たまのおねだり)』

コメント