猫2匹一緒にキャリーケース(バッグ)入れて良い?多頭飼いにおすすめの商品や選び方も

統計によると犬と比べて猫は複数飼いしてる方が多いようですが、みなさんいかがでしょうか?

 

この記事をご覧いただいてる方はまさに複数飼いしてるという方がほとんどかもしれませんね。

 

猫を複数飼っていると可愛さも倍増なのですが、お世話やお金など手間や負担も倍になるものです。

 

その一つとして移動の際などに割合多く使用するキャリーケースについて、まとめて一緒に入れちゃえないかなと思ったことはありませんか?

 

私も正直最初はそう思ってしまいました。

 

2つ運ぶのは手間ですし、1つにまとめれるものならまとめたいですからね

 

とくにこれからはお正月休みに入りますし、帰省などで猫たちも一緒に移動するという方も少なくないはず!

 

となると猫のキャリーケース事情も気になってきますね。

 

ということで今回は

  • 2匹一緒にキャリーケースに入れてもいい?
  • 多頭飼いにおすすめのキャリーと選び方

この2つをご紹介したいと思います!

猫2匹一緒にキャリーケース(バッグ)入れて良い?多頭飼いにおすすめの商品や選び方も

猫2匹一緒にキャリーケースに入れてもいい?

さてさっそくですが、猫2匹をまとめて入れてもいいんでしょうか?

 

結論から言ってしまうと飼ってる猫による、ということになります。

 

もちろん仲の悪い子たちなら考えるまでもなく分けた方がいいです。

 

キャリーのような狭い空間で喧嘩されてしまうと被害も大きく、喧嘩のやめどころもありません。

 

ということで仲の悪い猫同士のことは例え何歳であろうとも一緒にはしないようにして、他の場合はどうなんでしょうか?

 

それはキャリーの耐荷重と大きさ、またキャリーを運ぶ人の筋肉量と猫の重さ及び大きさによります。

 

一般的なキャリーの場合、基本的に成猫2匹を一緒に入れるのはおすすめ出来ません。

 

成猫は3-4kgの子が多いかもしれませんが、体重5キロを超えることだってあります。

 

体重に比例して身体も大きいため猫たちも満足な体勢を取れず辛いですし、何よりそれを運ぶ飼い主がかなり辛い思いをします。

 

4キロの子が2匹だと8キロ例え運べたとしてもふらふらしてしまったりするので危険です。

 

もちろん運ぶのに力をあまり要しないものであれば問題ありません。

 

また子猫と成猫の場合ですが、狭い空間ということもあって子猫が押しつぶされてしまう可能性もあるためこちらも基本的には一緒にしない方がいいですね。

 

我が家の猫たちでいうとアメショーが1キロくらいしかない時にスコティッシュはすでに4.8キロ…空間に余裕があったので一緒に入れることも考えましたが万が一スコティッシュの下敷きになってしまうとアメショーの息ができなさそうだったのでやめました。

 

これらのことを考慮すると普通のキャリーで一緒に入れてもいいのは子猫2匹までです!

 

子猫2匹なら一緒に入れてる方を動物病院で見かけることもありますし、そんなにおかしなことではありません。

 

キャリーの空間も広々使えるので、子猫なら危険性もきわめて低くなります。

 

ただ個人的には子猫2匹一緒に入れるにしてもハードタイプのキャリーはやめといた方がいいんじゃないかなと思います。

 

ハードタイプの多くは入り口が格子状の金具をはめるタイプだと思いますが、それだとキャリーの中でわちゃわちゃ遊んでいるうちにうっかり開いてしまうことも考えられるので、一緒に入れるにしても出入り口をしっかり閉められるものにしましょう!

 

また安全面を考えるなら、それぞれを洗濯ネットなどに入れてからキャリーに入れると尚のこと安心できますね。

 

健康診断に連れて行ったり、帰省したりと猫をキャリーに入れる機会は多いですから出来るだけ手軽に運びたいですよね。

 

ただ手軽さだけを考えると思わぬリスクを抱えてしまう危険があるため、多頭飼いしてる方は一緒のキャリーに入れてもいいか猫たちの様子を見て決めましょう!

 

多頭飼いにおすすめのキャリーと選び方

 

では一体どういったタイプのキャリーが多頭飼いにおすすめなんでしょうか?

 

ポイントは

  • 耐荷重が複数猫の合計体重以上であること
  • 猫を複数入れれる広さがあること
  • 内側からは絶対に開けられないタイプ
  • 運ぶ時にあまり力を必要としないタイプ

この4点です!

 

実際どういったものがあるのか見ていきましょう!

 

ポータブルケージダブルブラック

 

 

 

猫それぞれの空間が持てるよう仕切りもありますし、これなら子猫だけではなく成猫でもいけちゃいます!

 

出入口も外側からのチャック式なので少々激しく遊んだり喧嘩したとしても開いてしまう危険はありません。

 

ただこれは新幹線に乗るだとか車で移動するというように何かしらの乗り物に乗る際にはおすすめですが、歩く距離が長い時にはおすすめできません。

 

どうやって長時間歩きながら持ち運ぶんだという問題があります。

 

なので、何かしらの交通機関や車で移動する方にはぴったりですがそれ以外の方はやめておくのがいいですね。

 

ペットカート

ペットカートは犬が使うことが多いですがもちろん猫も使えます。

 

こちらは大型犬を入れるタイプなので猫2匹でも十分な余裕がありますし、耐荷重としても問題ありません。

 

また押すだけなので力をあまり必要とせず飼い主にとっても楽な商品。

 

子猫はもちろん仲のいい成猫同士なら一緒にいれても大丈夫です。

 

デメリットとしてはやはり犬用ということもあって外がみれる構造になっていますが、猫はむしろ知らない景色なんぞ見たくないという子たちです。

 

内側からでも外側からでもどちらでもいいですが、布をかけたりして外が見えないように飼い主さんが工夫してあげる必要があります。

 

その点は少し手間がかかってしまいますね。

 

コロコロタイプキャリー

我が家のスコティッシュ用のケースとして使用しているものですが、多頭飼いにもおすすめ出来ます!

 

 

非常に丈夫な作りになっており、また旅行用キャリーケースのように取っ手を引っ張って運ぶタイプなので楽ちんなのがいいですね。

 

参考までにお伝えすると、5.5キロのスコティッシュが入ってももう1匹入りそうな余裕があります。

 

うちはスコとアメショがあまり仲良くないので一緒には出来ませんが…。

 

こちらのキャリーなら歩きでも運びやすく、あまり目につかないシンプルなデザインなので上の2つよりいいかもしれませんね。

 

おすすめキャリーケースをご紹介しましたが似たような商品はたくさんあるので、選ぶポイントは抑えつつ飼い主さんと猫たちにあった商品を見つけてあげてください!

 

キャリーケースを嫌って入ってくれないという猫ちゃんにはこちらの記事もおすすめです。

怖がる猫のキャリーケース(バッグ)への入れ方は?慣らす方法や嫌がる理由も

 

まとめ

複数の猫を同じキャリーに入れてもいいのか、という問題ですが仲の悪い猫同士は問答無用で不可だとしてこれは正直猫とキャリーによります。

 

一般的なキャリーケースなら同じキャリーに入れた時の状況を考えて

  • 成猫同士は不可
  • 成猫と子猫は不可
  • 子猫同士はOK

ということになります。

 

ただ以下のポイントを満たしていれば成猫同士でも一緒にいれて大丈夫です!

  • 耐荷重が複数猫の合計体重以上であること
  • 猫を複数入れれる広さがあること
  • 内側からは絶対に開けられないタイプ
  • 運ぶ時にあまり力を必要としないタイプ

 

成猫を複数入れて運ぶ時の最大のポイントは飼い主がどれだけ楽に運べるかなので、抱えたり持ったりするタイプではなく引っ張るタイプのキャリーにしておきましょう!

 

またキャリーは飼い主さんが使われる交通手段や猫の体型などを考えて選んであげてくださいね!

コメント