猫の映画おすすめ4選!【洋画編】

猫のメディア(映画・漫画・ドラマ・漫画・YouTube)

猫好きだと家に猫を飼うだけでは物足りず、世の中にある猫に関係するもの全てが気になってしまいますよね。

 

猫のあなたにおすすめの映画を紹介いたします。

 

邦画編もこちらにまとめているので邦画が見たい方はこちらもご覧ください

 

猫の映画おすすめ6選!新作情報もあり!【邦画編】
猫好きだと家に猫を飼うだけでは物足りず、世の中にある猫に関係するもの全てが気になって しまいますよね。 そんな猫好きのあなたにおすすめの映画を紹介いたします。 洋画編もこちらにまとめているので洋画が見たい方はこちらもご覧くださ...

ボブという名の猫 幸せのハイタッチ

(2016年制作、イギリス)

プロミュージシャンを夢見てロンドンの路上で弾き語りをするがジェームスだが、そんな彼の歌に耳を傾ける人は誰もいない。

その日食べるのも困難なほど貧困し、薬物にもおぼれどん底な生活をしていた。

そんな中でケガをした猫ボブと出会い、有り金をはたいてボブのケガを治し、ジェームスとボブは生活を共にすることに…。

 

売れないミュージシャンと一匹の猫のサクセスストーリーを映画化した実話。

将来に希望の光も見えない中で、ボブと出会えたことは本当に奇跡としか言いようがないですね。

映画に出演する猫のボブが本物のボブであることにも驚きです。

 

猫が教えてくれたこと

(2016年制作、トルコ・アメリカ)

イスタンブールを舞台にしたドキュメンタリー映画。

イスタンブールの街で自由気ままに暮す7匹の野良猫を主役に関わる人間たちとの関係模様を映し出す。

 

カフェやレストランに自由に出入りする猫達、街中が当たり前に猫を受け入れているイスタンブール、猫好きにはまさに天国!頬が緩みっぱなしの作品です。

 

メンインキャット

(2016年制作、フランス・中国)

家族を顧みずに仕事をしているトム。娘の誕生日に嫌いな猫を買うが、ビルから落下したことをきっかけに魂が猫に乗り移ってしまう。

あの手この手で家族に自分がパパであること伝えようとするが…。

 

CGもたくさん使われているのであまり現実味はないですが、コメディー映画なので気楽に見られるのがいいですね。

 

ハリーとトント

(1974年、アメリカ)

妻に先立たれニューヨーク、マンハッタンで愛猫トントと暮らす72歳のハリー。

区画整理のために住んでいたアパートを追い出される羽目になり、娘の住むシカゴに向かう。しかしトントが原因で飛行機やバスでの移動が出来ず中古車を買って旅をする。

旅の道中で色々な人々と知り合い…。

 

古い映画ですが、「自由に生きる猫とそれに振り回されながらも猫のことを一番に思う人間」の関係は今も昔も変わらないのですね。

 

まとめ

海外でも人間と猫の関係性は変わらないのですね。

 

洋画の方がハッピーエンドが多いので気楽に見れる作品が多い気がします。

 

猫が出ている映画がたくさんあるのでまた見たら紹介していきますね!!

コメント