猫を連れての引っ越し注意点!長距離移動のストレス軽減方法やトイレはどうする?

猫のしつけ・健康・暮らし

「猫は家につく」という言葉の通り猫にとって住み慣れた場所を離れ新しい場所に行くことはストレスです。

 

そんな猫との引っ越しはどのようなことに注意すればよいのでしょうか。

 

私は猫を連れて2度引越しをしたことがあります。

 

その時の経験から「猫を連れての引越しの注意点」やストレス軽減方法などを紹介していきます!

 

猫の移動方法

引越し距離によりますが、長距離移動の場合は移動だけでも猫にとってストレスになってしまいます。

飼い猫に合った移動方法を選んであげましょう。

 

自家用車

猫の様子もよくわかりますし、鳴き声など他人の目も気にしなくてよいので1番おすすめの移動方法です。

 

ただし、長距離になると車酔いをする場合もありますので注意しましょう。

 

直前に食事をあげないことや揺れの少ない道路を選ぶことに注意し、長距離の場合は途中で休憩を挟むなどしてあげましょう。

 

電車

JRでの移動であれば「手回り品」として280円で持ち込むことができます。

 

混む時間帯によっては乗車を拒否される場合もありますし、混みあった電車の移動は猫にとってもストレスそのものですので、乗車する時間帯にも気をつけましょう。

 

通勤時間や休日はさけ平日の昼間が良いでしょう。

JR東日本のサイト

 

また車内で鳴きやまない場合などは途中下車をして猫を落ち着けてあげましょう。

 

飛行機

国内でも長距離の場合や海外に引越しをする場合は、飛行機を利用することもあるかもしれません。

 

海外の航空会社によっては機内に持ち込みができる場合もありますが、国内、または日系航空会社の国際線は機内に持ち込みが出来ず荷物としての輸送となります。

 

気圧の変化や騒音で大変ストレスになるので、避けれるのであれば避けていただきたい選択肢です。

 

飛行機についてはこちらの記事にもまとめていますのでご参考ください。

猫も飛行機に乗れる?気になる料金や乗せる手順と注意点
猫って飛行機に乗れる?という疑問を持たれている人もいるかと思いますが、答えは乗せるこ とができます。 海外赴任が決まったけど大切な猫を海外まで連れていきたい! 海外で猫を飼い始めたけど日本に連れて帰りたい! 長距離引...

 

引越し業者に依頼する

自分で運ぶよりは当然料金が高くつきますが、プロにお任せできるので安心ですね。

 

相場としては東京⇔大阪間で4万~5万円程度です。

 

クロネコヤマトハート引越センターなどの引越し業者もサービスがありますし、ペット専用の引越し業者でしたら下記のような業者があります。

 

ワンダフル

湘南ペットハイヤー

エイチケイペットタクシー

ワンニャンキャブ

 

引越し事前準備の注意点

では次に引越しの事前準備の注意点を見てみましょう。

 

引っ越し先の動物病院を調べおく

引越しでバタバタして、忘れがちですが何か起きた時にすぐ対応できるように調べておきましょう。

 

古い家具や猫用品を捨てない

引越しで家具を新調しようと考える人は多いと思いますが、ただでさえ新しい慣れない場所が

ストレスになってしまう猫です。

 

飼い猫が新居で落ち着くまでは使い慣れた家具を使うようにしましょう。

 

猫用品も自分の匂いがついたものは安心しますので多少汚れていても捨てずに持って行ってあ

げましょう。

 

我が家の引越し1回目はリビングの家具をほぼ新調してしまいました。

そのため引っ越し後に飼い主の匂いのついている寝室から出たがらずリビングに出てくるのに

だいぶ時間がかかりました。

 

2回目はその反省を生かし、全ての家具を持って行ったので比較的新居に慣れてくれるのが早

かったです。

 

引越し当日の注意点

業者がいる間は隔離(風呂場がおすすめ)

知らない人たちが家の中に入ってバタバタ作業していることは当然猫にとってストレスです。

猫がこの状況を目のあたりにしないように、引っ越し作業中は隔離しましょう。

 

おすすめは風呂場です。

 

風呂場が好きな猫は多いですし、荷物も少ないので閉め切っても特段引っ越し作業に支障はで

ないでしょう。

 

閉め切る時は換気扇を回しておくことを忘れずに!

 

また扉に「猫が居ます!」などもメモを張っておき、業者の方が間違えて開けないようにしま

しょう。

 

外に出すときは目隠し

外出し慣れている猫の場合は問題ないかもしれませんが、外出したことのない猫の場合は

 

外に出す時はキャリーバックの中に入れ、キャリーにタオルなどをかけて目隠しして外に出し

ましょう。

 

我が家も今は外にも自由にでますが、初めて外出した時はキャリーバックの中でパニックにな

ってしまい、さらにはそれに慌てた夫が飼い猫をキャリーバックから出し爪を立てられて血だ

らけになった思い出があります。

 

 

キャリーバックの中には猫のお気に入りの人形やタオルを入れておく

移動中ただでさえ不安な思いをしていますので、お気に入りのタオルやおもちゃを入れてあげ

ましょう。

 

トイレは匂いのついたものを少し持っていく

猫のトイレはキレイに掃除してから持っていきたいのはやまやまですが、使用済みのトイレを

少し袋につめて新居に持っていきましょう。

 

新居についたらトイレを用意し、その中に混ぜてあげましょう。

 

これをすることでトイレの場所もすぐわかるし、自分の匂いがついていることで安心してくれ

ます。

 

新居ですぐに猫グッズが出せるようにしておく

新居についたらすぐに猫グッズが出せるようにどこにしまったのかわかるようにしておきまし

ょう。

 

段ボールに入れずに飼い主の手持ちバックに持って行ってもよいですね。

 

これも自分の匂いのついているもので安心してもらえます。

 

 

引越し後の注意点

業者がいる間は隔離

旧居の引っ越し作業時同様に業者がいる間は人がバタバタと出入りをしない猫が落ち着ける場

所に隔離しておきましょう。

 

猫のグッズやトイレの用意

引越し後はやることがたくさんありますが、まずは猫のトイレ・水・餌を用意してあげましょ

う。

 

そしてお気に入りのおもちゃやタオルなども一番初めに出してあげましょう。

 

新居で中々出てこない場合は?

無理やり出さずにほっておく猫のペースで出てくるまでそっとしておいてあげましょう。

 

引越しで出た段ボールなどで隠れ家を作ってあげると落ち着くまで入って遊んでくれることも

あるので試してみてください。

 

まとめ

どんなに対策をしても引っ越しは猫にとってやはりストレスです。

少しでもストレスを軽減してさせてあげましょう!!

コメント