猫の留守番おすすめカメラ3選!ライブで見守りができる人気商品は?

防犯面や安全面など、どれだけ対策していてもやはり家に猫だけというのは心配な部分があります。

子猫や老猫だと出掛けている間に体調を崩していないか、やんちゃな猫なら怪我していないか、多頭飼いなら仲良くやっているか、考えれば考えるほど気になっちゃいますよね!

 

そんなときに使いたいのがペットカメラ!

家にWi-Fiと手元にスマートフォンがあれば出先からでも猫の様子を逐一確認できる優れものです。

 

ただ色々な商品が出ていて何がいいのか最早よくわからない…という方も多いんじゃないでしょうか?

 

そこで今回は個人的におススメしたいペットカメラを機能が異なる3つご紹介していきたいと思います。

留守中の猫の様子が気になる方はぜひ参考にしてみてくださいね!

猫の留守番おすすめカメラ3選!ライブで見守りができる人気商品は?

お留守番中の猫たちを安心して見守ることのできるカメラ!

自宅Wi-Fiとスマートフォンがあれば見れちゃう手頃さもいいですよね。

ただ種類が多すぎて何がいいのか…と思われている方や、ネット上のおすすめサイトもおすすめの数が多すぎて結局どれがいいのやら…なんてこともあるかと思います。

ということで今回は厳選した3つのカメラについて、それぞれ機能やオススメポイントが違うものをご紹介したいと思います。

 

らくらくスマートカメラ

 

 

とにかく留守中の様子を監視したいという方にうってつけの商品!

高性能なのにお手頃価格なコスパ最強カメラです。

数万円するものが多いペットカメラの中で税込6000円もしないため数個購入してもそこまで負担がありません。

 

一戸建てや広めのマンションなど部屋数が多い方には最適じゃないかなと思います。

『でも安いということはそれだけいまいちな商品かも…?』と思いきやそんなことありません!

 

まずこのカメラ1番のオススメポイントがほとんど死角がないこと。

水平に360°・垂直に93°カメラが回転するのでお部屋全体を見渡すことができ、この回転角度を用いて猫を自動追跡してくれます。

また画質も220万画素と高画質な上に、暗視機能もあるので夜になっても問題なく猫の様子を見ることができるんです!

 

もちろんリアルタイムで視聴・双方向通話ができますが、さらにmicroSDカードで記録すれば128GB分を保存しておくことができるので、過去の猫の様子も見れる上に万が一泥棒が入ってきても証拠として残せるので安心。

  • 死角がほとんどないこと
  • 自動で猫の姿を追ってくれること
  • 夜でも監視できること
  • かなりの量を録画しておけること

これだけの機能があってこの安さは凄いと思います!

 

口コミも大変高評価で『設定しやすくて簡単』という声も多く、その点もメリット!

本来の目的である留守中の猫を監視するということについて、必要な機能は全てあると感じられるので、個人的に1番おすすめしたいペットカメラです。

 

POCHICAM

 

家の中の状況をより詳しく、環境も踏まえて知りたいという方にこちらがおススメ!

 

 

まずこの商品1番のポイントはカメラを置いている室内の温度や湿度が確認できること。

うっかり夏場にエアコンをつけ忘れた場合、それに気付かぬまま夜遅くに帰宅したら猫が熱中症になっていたなんてことも十分ありえますが、このカメラがあれば猫の様子とともに室温や湿度を感知できるのであまりにも暑くなっている場合などすぐに気付くことが可能です。

 

また人感機能もあるので泥棒が入ってきたらすぐにメールやアプリに通知が来る上、泥棒が入ってくる10秒前からの映像を記録媒体なしに自動で録画してくれます。

この2つは猫の安全という面において凄くいいメリットではないでしょうか?

もちろんペットカメラ本来の監視という観点でも

  • 夜も監視できる暗視機能付き
  • 243万画素という超高画質カメラ

なので24時間猫の様子もはっきり見えますし、口コミ評価も高いため買っても失敗しない安心感だってあります!

 

プラスの機能がほしいという方におススメしたい商品です。

 

カリカリマシーンSP

 

帰宅が遅い方、急な飲み会や出張が多い独身の方や共働き夫婦におススメしたい商品がこちら。

 

外出先からスマホでごはん!みまもる話せる猫犬ペット給餌器カリカリマシーンSP

 

自動給餌機能付きのペットカメラ!

もちろん最大の特徴は自動給餌機能です。

1日4食までタイマー設定することができるので、常に夜遅い方はこちらを活用したら猫も飼い主も楽だと思いますし、アプリから手動で餌を出すこともできるため急に夜遅くなってしまった時など最適!

 

さらにプラス機能として、スマホに落としたアプリアカウントを8人に共有できるため家族と一緒に猫を見守ることが可能なんです。

自分が見れない時間帯でも他の人が見ててくれると思うと一層安心できますね!

 

ただこの商品…というよりも、自動給餌機能付きのペットカメラ全てに言えるデメリットなのですが、カメラ性能が上2つと比較したときに劣ってしまうんです。

まずこちらには暗視機能がありません

電気を付けずに家を出た場合、暗くなると監視の意味を果たしません。

 

そしてカメラ位置は固定されているため回転したりはしません。

ただこれは固定しなくともカメラの視野が比較的広いため、よほど広くもない限り部屋の四隅におけば部屋全体を見渡せると思います。

ということで、メリット・デメリット踏まえて自分に合っているか決めてくださいね!

 

機能が異なるものを紹介しましたが、実際選ぶときに大切なのは『自分自身がペットカメラに何を求めているのか?』ということだと思います。

ただ最低限監視できればいいのか、より性能高く不足ないように監視したいのか、はたまた他のプラスαがほしいのか。

 

やはり欲しい物を買わないと後悔してしまうことにもなりかねないので、どういったものがほしいのか考えた上で選ぶようにするのがおすすめです!

 

他にも留守番についての記事も書いているのでよかったらこちらでも気になるものがあれば参考にしてみてくださいね。

猫の留守番何歳から可能?練習方法や注意点!

猫の留守番で気をつけることは?台所やコンセントなど危険回避のためにすべきこと

猫の留守番中の雨戸やカーテンはどうする?電気の明かりやエアコンの温度調整についても

まとめ

種類も豊富で機能も異なるペットカメラ!

今回はそれぞれ特徴の異なるおすすめ品を3つご紹介しました。

ご紹介した商品はすべて口コミがかなり高評価なものになりますので、目的に合っていれば不満に思うことは比較的少ないんじゃないかなと思います。

とくに何が目的ってこともない…という場合はシンプルな監視機能の高い商品を購入するのがいいですよ!

猫たちの安全を見守りましょう!

コメント