映画「ねことじいちゃん」猫の日公開!キャストやあらすじは?前売り券情報も調査!

猫のメディア(映画・漫画・ドラマ・漫画・YouTube)

映画「ねことじいちゃん」猫の日2019年2月22日に公開です!!

 


名古屋のイラストレーターねこまきさんのコミック『ねことじいちゃん』の実写版で、ねこ好きなら一度は目にしたことのある『世界のネコ歩き』で有名な動物写真家の岩合光昭さんが初めて映画監督として指揮をとった作品です。

 

そして主演は落語家の立川志の輔さん、こちらもなんと映画初主演だそうです。

 

ここでは公開に先駆けキャストやあらすじ、前売り券情報を紹介します。

キャスト

・立川志の輔(大吉じいさん)

小学校の元校長先生で愛猫タマと暮す70歳のじいさん

 

・ベーコンくん(タマ)

大吉じいさんと暮す猫

 

・美智子(柴咲コウ)

都会から島に移住しカフェを開き島人や猫を魅了していくヒロイン

 

・巌(小林薫)

大吉じいさんの幼馴染で大の猫嫌いだが猫に好かれる元漁師

 

・佳枝(田中裕子)

大吉じいさんの妻

 

・剛(山中崇)

東京でサラリーマンをしている大吉じいさんの息子

 

・サチ(銀粉蝶)

巌の初恋の相手

 

・さとし(葉山奨之)

島の郵便局員

 

・若先生(柄本佑)

島唯一の病院で働く医師

 

あらすじ

2年前に妻の佳枝に先立たれた大吉じいちゃんが島で猫のタマとつつましくも心豊かな生活していく様子を描いた物語。

 

タマは10年前に庭先弱っているところを大吉の妻佳枝が見つけ、一緒に暮らし始めた猫。

 

東京で暮らす一人息子の剛は一人で暮らす父の大吉を心配するが、息子の心配をよそに大吉は生まれ育った島で村人と関わりながら、慕われながら、猫のタマと自由気ままにのんびり幸せに暮していた。

 

そんな大吉の平穏な日々が大切な友人の死、そして大吉本人の体調不良で変化が現れはじめる。そしてタマが姿を消す―。

 

見どころ

見どころは何といっても猫のベーコン君の演技!!

 

ベーコン君はグローバルアニマルアクトに所属するれっきとした芸能猫です。

オーディションで100匹以上の猫の中から岩合監督のハートを射止めたベーコン君。

 

原作でタマは10歳、実際のベーコン君は4歳と年齢がかけ離れ過ぎていることから原稿を6歳に書き直しさせてしまうほど岩合監督を虜にしたベーコン君の演技に注目ですね!

 

そして60代にして映画初主演大吉じいさん役の落語家立川志の輔さんにも注目です。

 

はじめに岩合監督から声がかかった時に一度は断ったそうですが、岩合監督の大ファンで挑戦することにしたそうです。

 

実は落語家になる前に演劇段に所属していたのだそうです。普段の落語の中にも演劇的要素が含まれてるわけですね。

 

またコミックの原作者ねこまきさんが名古屋出身ということで撮影も主に名古屋知多半島で行われました。

 

自然豊かな土地での人情に溢れた物語で心がほっこりしそうですね。

 

 

前売り券


前売り券現時販売中です。

販売期間  : 2018年8月10日~2019年2月21日

前売券料金 : 1,400円 (通常料金 : 1,800円)

 

映画前売券サイトムビチケでも購入可能ですが、劇場前売だと特権として【ねこじいA5クリアファイル】のプレゼントがつきます。(※在庫なくなり次第終了)

 

オンラインでもメイジャーで購入の場合は特権付ムビチケが購入できます。

まとめ

 

誰よりも猫の取り方を知っている岩合監督の作品、猫好きとしては見逃せないですね!

 

猫の映画と言ってもやはり人間がメインとなる映画が多い中、「ねことじいちゃん」は人間と

猫が対等に映されているので猫好きも満足できるのではないでしょうか。

 

今から公開が楽しみですね!!

コメント