猫の保険は入るべき?必要性や加入時期の判断ポイントと選ぶ時の注意点!

ペットを飼っている人ってどれくらい保険に入っているのでしょうか?

 

保険って掛け捨てだし、使わなかったらもったいないし、毎月まあまあなお金がかかるし、、、なかな加入してするのは慎重になっちゃいますよね?

 

ただ、愛する猫ちゃんが病気になってしまったら最善の治療を受けさせてあげたいとも考えますよね?

私も自分で積み立ててもいいんじゃないか?と思ったことがありましたら、たくさん悩んだ結果、大きな手術や入院に備えてペット保険に加入しました!

 

今回は私と同じようにペット保険に加入するか悩んでいる方のために、

  • ペット保険の必要性
  • ペット保険の加入時期の判断ポイント
  • ペット保険を選ぶ時の注意点

を私の経験とともにご紹介していきます。

保険の加入に悩まれている方は是非参考にしてみて下さい!!

猫の保険は入るべき?必要性や加入時期の判断ポイントと選ぶ時の注意点!

まず猫の保険の必要性から考えてみましょう。

猫の保険の必要性は?

 

人間の保険に比べれば保険料が安いものの、毎月掛かってくる経費だし、年齢とともに、保険料もあがる保険。

それに掛け捨てはもったいないし、自分で積み上げじゃダメかな??のなど悩まれている人も多いはず。

 

本当に猫に保険は必要なのでしょうか??

 

保険に加入が必要かと考えると、必ず入った方がいいとは安易には言えません。

 

私は、実際に保険に加入せず、自分で積み立てをして行く方法も考えました!!

そうすれば、掛け捨てにならなくていいなぁと思いましたが、もし半年後や1年後我が子が大きな病気になってしまい、多額の手術費用がかかる事になったら?

半年や1年の積み立て額では到底足りず、家計に大きなダメージが。

 

猫ちゃんの手術でとても多いのが誤食手術で、我が家の2匹の猫ちゃんもそうですが、オモチャや紐、ビニールを飼い主さんが少し目を離した隙に食べてしまう事がありますよね。

 

知り合いの猫ちゃんもリボンを飲み込んでしまい排泄で出てこなかったので手術をしたんですが、医療費で15万ほどかかったそうです。

大きな病気でなく、日常生活で普通にあり得る事でこんなにお金がかかってしまうんですね。

 

家計にダメージがある程度ならまだいいですが、もし大きな病気になって治療のためのお金が払えなくて、充分な医療を受けさせてあげる事が出来なかったらと考えるととても不安になり、私は猫保険に加入しました。

 

特に保険加入をオススメしたい方をご紹介しておきます。

 

心配性な飼い主さん

 

横で眠る猫ちゃんを見てずーっとこの時間が続けばいいと思う飼い主さんは必ずこの子が居なくなってしまったらと想像してしまうものです。

私も2匹の愛猫がもし大きな病に蝕まれたらと急に不安になる事が沢山あります。

 

人間でも同じですが猫保険は飼い主さんと猫ちゃんの安心の為に必要があると私は考えます。

病に侵されてしまった時、何十万ものお金がかかる時に、お金を負担してくれる保険があれば心をお金じゃなく、猫ちゃんに全力で向けることが出来るんです。

 

年に1回以上動物病院へ行く

 

私もそうですが、猫ちゃんが嘔吐したり、少しでも様子がおかしいとすぐに心配になり病院へ連れていってしまいます。

先生に「そんなに心配しなくて大丈夫だよ」と言われてしまうくらいです!笑

 

異常がなければ、2000円程度で帰れますが何千円もチリも積もれば山となりますよね。

大切な猫ちゃんの異常を直ぐに見つけられても自分ではどうしようも出来ない為病院にいって安心したいものです。

 

通院費も負担してくれる保険もあるので、年に何度も動物に通う方はお得だと思います。

 

猫の保険の加入時期の判断ポイントは?

 

保険会社により違いますが、猫ちゃんが病気になってからでは、加入する事が出来なかったり、年齢の制限もあります。

 

「入っておけばよかった~」

と後悔しない為に保険加入に悩んだ時が加入のタイミングです!!

 

お金の不安は人それぞれです。

保険は掛け捨てと思って勿体ないと思う方もいるし、手術代が何十万でも払える方もいます。

 

怪我や病気、何も無ければ、それが1番ですし、何かあれば、「加入していて良かった」と思える猫保険!

私達飼い主が愛猫ちゃんと自分達の今後を考えた時!!それが、加入の時期、ポイントですね。

 

猫の保険を選ぶ時の注意点!

 

では、どんな猫保険が自分に合うのかを考えて見ましょ!!

 

猫ちゃんの保険も沢山の種類があり、ぱっとみて決める事は難しいです。

私も保険加入検討時は沢山悩み、調べました。

 

月々の保険料、負担してくれる額、飼い主さんの経済状況などにあったものを選ぶのがいいですね!

どの部分を負担してくれたら、充分な手術や治療を受けさせてあげられるのかをまず、考えてみて下さい。

 

年に2~3回以上とくに頻繁に動物病院に行かれる方は、通院も負担してくれる保険がオススメです。

月々の保険料は上がりますが、通院費を負担してくれるのでお得ですね。

 

我が家は何もなければ年2度ほどの通院で、1回の診察料もそれほど苦にはならないので、大きな病気に備えてアイペットのうちの子Lightに加入しています。

 

アイペット保険に関してはこちらでレビュー記事を書いているので参考にしてみて下さい!!

アイペットうちの子&Light猫保険の料金や口コミ評判は?実際に利用した感想やおすすめポイントを紹介します!
沢山ある猫の保険!! どれに加入したらいいの?と悩んでしまいますよね。 私自身も沢山の保険を比較して、悩んでアイペット保険を選びました! そして今はアイペットに入って、とっても満足しています。 今回はアイペット「うちの子&L...

 

動物病院により対応している保険会社が違うので、下調べは重要です。

行きつけの動物病院がある場合、その病院により、保険証ですぐ負担してくれるものと書類などの手続きが必要なものがあります。

 

行きつけの動物病院にどの保険だと保険証のみで負担してくれるのかを聞いて見てどの保険にするか考えるのもいいですね。

 

とは言っても、はじめてではどんな保険があるのかもわかりませんよね。

そんな方は自分にあった保険が一括で比較できるサイトを利用することをおすすめします。

 

保険スクエアbang!/ペット保険資料一括請求

 

年齢や猫種を選ぶだけで、月額の保険料や補償額が一覧で出てくるのでとっても比較しやすいです!

そのままインターネット経由で申込もできるし、資料請求だけも可能です!

 

まとめ

 

今回は猫の保険について

  • 保険の必要性
  • 保険の加入時期の判断ポイント
  • 保険を選ぶ時の注意点

を紹介していきました。

 

猫ちゃんの保険の必要性は必ず加入した方がいいと言う訳ではありませんが、心配性な飼い主さんや年に1度以上病院に通われる方は加入をオススメします。

 

保険会社により、猫ちゃんが病気になってからでは、加入する事は出来なかったり、年齢の制限もありますので、飼い主さんが今後の事を考え、保険加入を悩んだ時が加入するタイミングです。

いつ何が起こるか分からないからこそ、後で後悔しないようにしたいですね。

 

保険を選ぶ時は月々の保険料、負担してくれる額、飼い主さんの経済状況などにあったものを選んで下さい!

動物病院により、対応している保険会社も違います。

行きつけの動物病院がある場合はどの保険会社が対応しているのか聞いてみるといいですよ。

 

もしもの時の為に猫ちゃんの保険を検討して見てくださいねー!

 

保険スクエアbang!/ペット保険資料一括請求

コメント