ロシアンブルーにおすすめキャットフード4選!餌の量・回数・子猫の餌の与え方も紹介!

今回はエメラルドグリーンの瞳に銀色の毛をもつ気品高いロシアンブルーのおすすめキャットフードについて調べてみました。

こちらの記事ではロシアンブルーの「キャットフード選び方のポイント」から「おすすめのキャットフード」「子猫へのキャットフード与え方」「キャットフードの量や餌代」について書いています。

ロシアンブルーと一緒に暮している方、これから家に迎え入れる予定の方はぜひ参考にしてみてください。

目次

ロシアンブルーはどんな猫?

キリッとした顔立ちをしていますが、見た目だけではなくとっても賢く猫ちゃんです。

「サイレントキャット」と呼ばれているくらい鳴くことも少なく、運動量も猫ちゃんによりますが比較的おとなしい猫ちゃんです。

逆に騒がしいところが苦手でストレスの原因になってしまいますので、子供がいるご家庭や人が頻繁に出入りするような家の場合は家に迎え入れる前に今一度猫ちゃんとの相性を考えましょう!!

またプライドが高く女王様気質なところがあるので、大声で怒鳴ったりすることも飼い主さんとの関係性が悪くなりますので避けましょう。

一方で人間の言葉や行動を読み取ろうとするところがあるので、きちんとしつけが出来ればとっても一緒に暮らしやすい猫ちゃんです。

そんなロシアンブルーですがスリムで筋肉質な体つきをしており、純血種としては遺伝性疾患が少ない猫です。

健康的なカラダを保つためにどんなポイントを押さえなければいけないのか詳しく見てみましょう!

ロシアンブルーのキャットフード選び方のポイントは?

ロシアンブルーにキャットフードを選ぶ時に気にしてほしいポイントは以下の3つです。

  • 低炭水化物・グレインフリー
  • 動物性高タンパク質・高脂質
  • 尿路結石ケア

低炭水化物・グレインフリー

ロシアンブルーは糖尿病にかかりやすいといわれており、その割合は雑種と比べると2.5倍にもなります。

糖尿病の原因は体質やストレス、運動不足などもありますが、肥満、過食が病気の引き金となることもあります。

炭水化物に含まれる糖分が腸内の悪玉菌を増やして「食べたい中毒」を引き起こします。

市販のキャットフードは炭水化物が30~40%というものが多いですが、野生の猫が食事にしているねずみの炭水化物量は10%以下です。

市販のキャットフードがいかにかさ増しされているか分かりますね・・・。

炭水化物の取り過ぎは消化機能の低下も引きおこしますので、そのためにも低炭水化物のフードを選んであげましょう。

ほとんどのキャットフードの成分表では炭水化物量が記載されていないものが多いですが以下の方法でおおよその炭水化物量が調べられます。

「炭水化物(%)=100-タンパク質(%)-脂質(%)-水分(%)-灰分(%)」

こちらの記事内でもこの方法で計算していますが、正確な数値ではないのであくまで目安として考えてくださいね。

また、炭水化物が多く含まれる穀物(グレイン)も入っていないものにしましょう!

小麦、米、コーンなどの穀物(グレイン)は炭水化物が多いだけではなく、猫の体に本来必要のないものであり、猫の体は穀物を消化する働きが弱いので、穀物を取ることで体に負担がかかります。

猫ちゃんによってはアレルギーがでてしまうこともあるので気をつけましょう。

動物性高タンパク質・高脂質

質の良い筋肉を維持するためにも動物性のタンパク質が必要です。

また筋肉量が上がれば基礎代謝が上がりますので、太りにくい体をつくってくれます。

タンパク質は筋肉だけでなく、骨や血の元となりますので、元気な体作りのためには必要不可欠です!

目安としては35%以上のものが良いでしょう。

ただ腎不全や慢性腎臓病の猫ちゃんはタンパク質が多いと余計体に負担になってしまうことがあるので、そういった場合は獣医さんに相談してからにしましょう!!

ただ動物性のタンパク質だったら何でも良いわけではなく、質の良いお肉が使われているフードを選んでください!

中には4Dミートと呼ばれる肉や魚が使われていることがあります。

4Dミートとは以下の4つのDから来ています。

  • Dead(死んでいる)
  • Diseased(病気の)
  • Dying(死にかけの)
  • Disabled(障害のある)

悲しいことに、人間用には使用できないお肉をコストを下げるためにペット用に使用していることがあるんです。

もちろん原料には「4Dミート」と記載されていることはありませんので、異常に価格が安価だったり、原材料にミートミール・家禽ミール、肉副産物と記載されているだけで、鶏肉・ターキー、サーモンなどときちんと原料が書いていないものは注意しましょう!!

※全てのミートミールが危険なわけではありません。

また、すぐエネルギーになってくれる脂質も高めのフードを選んであげましょう。

脂質はタンパク質や炭水化物の2倍以上のエネルギーになってくれるから、同時に満腹感も得られるから暴飲暴食予防にもなるんです。

中には高脂質でも食欲がとまらない子もいるので、そういった場合はカロリーの低めのフードを選んであげましょうね。

脂質が足りないと毛並みが悪くなったり、毛量が減ることもあります。

ロシアンブルーの艶やかな毛並み維持にもつながりますので、高脂質なフードを選んであげましょう。

尿路結石ケア

成猫以上になったら尿路結石ケアの成分が入っているフードを選んであげるのも良いですね。

ロシアンブルーのかかりやすい病気ナンバー1とされている尿路結石ですが、尿路結石は猫全体にかかりやすい病気ですのでロシアンブルーが特段とびぬけてかかりやすい訳ではありません。

尿路結石には「ストルバイト」「シュウ酸カルシウム」の二つの結石があり、「ストルバイト」は尿がアルカリ性に傾いた時(pH高)に、「シュウ酸カルシウム」は尿が酸性に傾いた時(pH低)にできてしまいます。

猫は元々水の少ない地域に住んでいたため、少ない水分で生きていけるように体内に水をためておく習性があります。

体内に濃度の濃い尿を長時間溜めておくことが原因で、結石をつくってしまいます。

スのほうが尿道が細くて曲がってるから尿路結石になりやすいらしいです。

運動不足になって肥満になってもなるから気をつけましょう。

基本的には水分をたくさん飲ませることや、トイレを我慢しなくて済む清潔なトイレを用意してあげることが大事です。

シュウ酸カルシウム結石が出来てしまった時は手術が必要ですがストルバイト結石の方は食事療法でも結石を溶かすことができます。

療養食フードは下部尿路疾患(FLUTD)・尿路結石用と書かれて販売されており市販でも入手することができますが、素人判断は危険ですので使用する場合は必ず獣医さんに相談してからにしましょう!!

予防策としては「消化のよい」「尿路ケアによいとされている成分を含むフード」を選ぶのが良いでしょう。

尿路ケアに良いと言われている成分には

  • クランベリー
  • クエン酸/ビタミンC
  • オメガ3脂肪酸
  • メチオニン

などが挙げられます。

クランベリーに含まれているキナ酸にはpHを酸性に安定させる作用があり、また殺菌効果もあるので膀胱炎ケアにも効果的です。

クエン酸は抗酸化作用があり、人間用のサプリメントしてもよく使われています。また尿のpHバランスを保つ利尿作用も期待できます。

オメガ3脂肪酸は抗酸化効果がありますので膀胱内部の炎症などを押さえることができます。

メチオニンは卵やサバ・カツオなどの魚や鶏肉になどに多く含まれている成分で尿のpHをアルカリ性から酸性に戻す効果があります。

尿路結石はかかるととても痛いですし、ひどくなると命にかかわる病気になります。

これらの成分が含まれているフードで少しでもケアしてあげたいですね!!

ロシアンブルーにおすすめのキャットフード4選

上のポイント3点を踏まえたうえでロシアンブルーにおすすめのキャットフードを紹介いたします。

カナガン

価格  3,960円-1.5キロ(1キロあたり2,640円)
成分(タンパク質・脂質・炭水化物)タンパク質37%、脂質20%、炭水化物19.21%
カロリー390カロリー/100グラム
おすすめポイント
  • グレインフリー
  • ヒューマングレードの原料を使用
  • 低GI炭水化物使用
  • イギリス産平飼い鶏肉を60%以上使用
  • 着色料・香料・遺伝子組み換え原材料不使用
  • 定期購買割引あり
対象年齢全年齢

タンパク質37%、脂質20%、炭水化物19.21%とどれも理想的な数値です。

炭水化物の記載がないキャットフードが多い中、カナガンの成分表には炭水化物の記載がきちんとあり、こういうところが信頼できますね。

特徴はイギリス産の高級鶏肉60%が原材料として使われています。

ケージ飼いされた鶏ではなく、平地に放し飼いにされていた鶏を使用しています。

ストレスが少なく健康的な鶏の方が、ストレスが多くて病気ばかりの鶏の肉より良いことは一目瞭然です!

鶏肉にはタンパク質、ビタミン、リンだけでなく体を若々しく保つための抗酸化作用のあるセレンがたっぷり含まれています。

尿路ケアに良いとされるクランベリーや利尿効果のあるビタミンCも配合されています。

栄養カの高い海草や新鮮な野菜、ハーブも配合されており健康で若々しい体作りを助けてくれます。

穀物(グレイン)を使用するかわりに消化が良く・腹持ちのよいサツマイモを利用しているので食べすぎ防止にもつながります!!

モニター調査(20名・30日間・リティシアン調べ)では100%の猫ちゃんが食べたとの結果が報告されています!

食付きが抜群で、食が細い子にも嬉しい一品です!

ロシアンブルーは食いつきが悪いといわれているので、「色々なフードを試したけどなかなか食べてくれない・・・」と困っている飼い主さんは試す価値ありです!

また購入者の88%の方が定期購買されているのも猫ちゃんの体の状態に満足されている証拠ですね!!

定期で1点から購買割引もあり、今ならプレゼントもついてきます!嬉しいですね!!

イギリス産高級グレインフリーキャットフード『カナガン』の詳細&ご購入はこちらから!

カナガンキャットフードの基本情報・口コミをみてみる

カナガンは時々100円モニターをやっていることがあるので、その時にお試しするのもいいですね!!

他にもサンプルやお試しのあるフードをまとめているので良かったらご覧ください。

キャットフードサンプル・お試し一覧

シンプリー

価格  3,960円-1.5キロ(1キロあたり2,640円)
成分(タンパク質・脂質・炭水化物)

タンパク質37%、脂質20%、炭水化物約15%

※公式ページに炭水化物量は記載がありませんでしたのでその他のすべての成分を引いて計算しています。

カロリー380カロリー/100グラム
おすすめポイント
  • サーモンを中心に魚ベースのキャットフードで全体の73%が魚
  • ヒューマングレードの原料を使用
  • 人工添加物(保存料・調味料・着色料)不使用
  • 豆類も一切使用していないグレインフリー
  • 定期購買割引あり
対象年齢全年齢

動物栄養学者との共同で開発されたシンプリーは猫の体を考えられたフードです。

成分的にもタンパク質37%、脂質20%、炭水化物約15%でバッチリですね!!

市販のキャットフードの炭水化物が30~40%なのに比べて、15%まで落としているのはすごいね。本当に必要なものし入っていないんです。

原料はサーモンを中心に、ニシンやマス、乾燥白魚など魚だけで73%となっていて、魚好きの猫ちゃんにおすすめです。

毛玉の排泄をサポートするオリゴ糖や尿路結石ケアをしてくれるキナ酸を含むクランベリーが使われていたり、あらゆる健康リスクのことを考えられたキャットフードです。

「毎日スッキリ」という口コミもあり、炭水化物を減らしていることで消化機能が正常に働いてくれていることがも分かります!!

消化しやすい魚が原料であり、高タンパク質なフードの中ではカロリーが低めなので運動量の少なくなってきた時にシニア猫ちゃんにもおすすめですよ!!

定期購買で1点から割引があり、最大20%の割引に今ならプレゼントもついてきます!!

シンプリーキャットフード の詳細チェック&ご購入はこちらから!

シンプリ―キャットフードの基本情報・口コミを詳しく見てみる

オリジン・キャット&キティ

価格  6,300円-1.8キロ(1キロあたり3,500円)
成分(タンパク質・脂質・炭水化物)

タンパク質42%、脂質20%、炭水化物19%以下

※公式ページに炭水化物量は記載がありませんでしたのでその他のすべての成分を引いて計算しています。

カロリー406カロリー/100グラム
おすすめポイント
  • 現地で取れた新鮮な食材を使用
  • 原料の90%が肉と魚
  • 生物学的な配合
  • 低GI炭水化物使用
  • グレインフリー
  • ヒューマングレードの原料を使用
  • 酸化防止剤・人工添加物・遺伝子組み換え原料不使用
対象年齢全年齢

原料の90%が質の高い肉と魚で作られており、タンパク質が42%、脂質20%、炭水化物19%以下と他のフードと比べてもどれも理想的な数字です。

「生物学的な配合」とは本来の猫のあるべき食事を再現するために、肉や魚を丸ごと使うことでビタミンやDHAを人口的に添加せずに自然の食材からすべての栄養素を補っているということです。

また現地で取れた新鮮食材が使われていいますが、「無冷凍」、「収穫から1~2日でキッチンに到着」を徹底しており、ヒューマングレードといわれるフードの中でも飛びぬけて品質管理をされています。

ヒューマングレードって言われているけど、もうそれ以上ですね。

メチオニンが豊富に含まれている鶏肉やレバーがメイン原料で、クランベリーも配合されているので尿路結石ケアにも嬉しいですね!!

他と比べるとちょっとお高いですが、現在初回限定で全額返金キャンペーンもやっているので試す価値ありです!!

オリジンキャットフードの基本情報・口コミを詳しく見てみる

ジャガー

価格  4,280円-1.5キロ(1キロあたり2,853円)
成分(タンパク質・脂質・炭水化物)

タンパク質40%、脂質20%、炭水化物約20%

※公式ページに炭水化物量は記載がありませんでしたのでその他のすべての成分を引いて計算

カロリー384カロリー/100グラム
おすすめポイント
  • 原料の80%が良質な魚と肉
  • ヒューマングレードの原料を使用
  • グレインフリー
  • 人工添加物(保存料・調味料・着色料)不使用
  • 定期購買割引あり
対象年齢全年齢

原料の80%を肉と魚を使っておりタンパク質40%・脂質20%と非常に高く、炭水化物も20%と少なめです!!

バッチリ理想的な数値です!!

原材料も肉がメインだったり魚がメインだったりするものが多い中、ジャガーは肉と魚をバランスよく使っています。

鶏や鴨の肉からはビタミンA、B・不飽和脂肪酸・鉄分などをサーモンやマスなどの魚からはEPA・DHA・アスタキサンチンなどを補っています。

肉・魚をバランスよくミックスすることで栄養抜群なフードになっています。

お肉もお魚も両方好きな欲張り猫さんにおすすめです。

また「真に質の高いペットフードを」という思いがこめられたジャガーだけあり、健康促進効果のある朝鮮人参やアンチエイジングや抗アレルギー効果のあるマルベリーなどの人間の私たちにとっても高価な食材が猫ちゃんの健康のためにふんだんに使われています。

尿路結石ケアのクランベリーやメチオニンも配合されています!!

口コミでは猫ちゃんの状態も良いのはもちろん、「ジャガーの味や風味を気に入ってよく食べる」、「飽きないで食べてくれる」、というコメントがみられました。

最後まで鮮度を保つためにマジックテープ構造の凸凹できっちり密封できる工夫されたパッケージを採用しており、最後までおいしく食べれる工夫がされてます!

通常一ヶ月使いきりの袋が多く、酸化が気になるので容器を移し変えたりしている人もいるはず。

袋のままおいしさ維持できるのはうれしいですね!!

定期購買で1点から割引もあり、最大20%の割引に今ならプレゼントもついてきます!!

ジャガーキャットフード の詳細チェック&ご購入はこちら!

ジャガーキャットフード基本情報・口コミをみてみる

ロシアンブルー子猫のキャットフードの与え方

子猫時代成猫より運動量が多く、成長する体のために高たんぱく・高脂質であることがポイントです。

上で紹介し得ているものは高タンパク・高脂質をクリアしており、子猫も対象になっているので安心して与えられます。

フードの量についてはそれぞれのキャットフードに既定の量がありますが、成猫と呼ばれる1歳になるまでの与え方について年齢別に説明しますね。

フードによっては子猫への与える量も規定しているものありますので、そういった場合はそちらに従ってくださいね!

授乳期(生後~4週間)

まだまだ赤ちゃんです。母乳か子猫用のミルクをあげましょう。

母乳・子猫用ミルクは高たんぱく・高脂質で栄養抜群です!!

母乳は免疫力を高くしてくれるので、病気にかかりにくい体づくりの為にもたくさん飲みたいだけ飲ませてあげましょう。

早くして譲り受けた場合や育児放棄を受けてしまった子猫は子猫用ミルクでも丈夫に育ちますので安心してくださいね!

生まれたばかりのころは一度にたくさん飲めないので、ミルクの規定量に従い1日数回に分けてあげる必要がありますが、作り置きは細菌が発生する可能性があるのでしないでくだね!

離乳期(生後3週間~8週間)

母乳やミルク以外に食べ物に興味を持ち始める時期です。

ドライフードはまだ硬くて食べれないこともありますので、ドライフードを水でふやかしたりウェットフードから始めてみましょう!

はじめて口にするもので珍しがり口にしない場合もあるかもしれませんが、手のひらからあげてみたり、ミルクをかけてあげたり、子猫が食べ物に興味を持つようにしてあげてくださいね。

成長期(生後8週間~6か月)

この頃になると一気に運動量が増えるので固形の食事からも栄養を取る必要があります。

硬いものも食べれるようになりますので、ドライフードを普通に食べられるようになります。

とは言え、まだ最近までミルクを飲んでいたので赤ちゃんです。

猫ちゃんのペースに合わせてウェットフードと混ぜるなどして様子を見ましょう!

またまだ胃が小さいので一度に食べれる量は多くありません。

成猫は2~3回/日の猫ちゃんが多いですが、この頃は4~6回/日に分けて少しずつ新鮮なフードを与えてくださいね!

あげる量としては1歳までは成長し続けているので余り1日の合計の量を気にせず、欲しがるだけあげてかまいませんが、1歳が近づいてきても成長が緩やかにならない場合は肥満に気をつけてくださいね!!

ロシアンブルーのキャットフードの量や餌代は?

成猫に成長した後は各フードの規定量がありますので、それに従いましょう。

上で紹介した4つの餌の量の1日当たりの餌の量と1ヶ月にかかる値段を調べてみました。

ロシアンブルーの成猫の平均体重が3~5キロであることから猫ちゃんの体重が3キロ、5キロの場合で表示しています。

 3キロ5キロ
オリジン57グラム76グラム
5,985円7,980円
カナガン40グラム65グラム
3,168円5,148円
ジャガー45グラム55グラム
3,960円4,707円
シンプリー40グラム65グラム
3,168円5,148円

※表の上(グラム)が1日に摂取する目安量、下(円)が1ヶ月のフード代です。

カナガン・シンプリーは4.5キロ以上(60グラム~)までの給与量しか記載がなく、

当店のフードの給与量の数値は若干少なめの数値となっています。
個体差がありますので、表はあくまでも目安として下さい。

便の状態や体のコンディションを見ながら5gずつ増減していただき、一番良い状態の便が出るところでストップしてください。

と記載されています。

4.5キロ以上は目安として体重1キロにつき10グラムをプラスして計算しています。

またフード量は猫種別に指定はされておらず各フードに紹介されている一般的なフードの量です。

運動量が減ってきたらもう少しカロリーの低いものに変えたり、猫ちゃんの様子をみて調整してくださいね。

まとめ

今回はキリッとした顔立ちで気品高いロシアンブルーにおすすめのキャットフードを紹介しました。

遺伝的に病気になりにくい体を持って生まれたロシアンブルーですから、フードのせいで肥満体質にしないようにしてあげたいですね!!

そんなロシアンブルーのキャットフード選びで気をつけたいポイントは3つです。

  • 低炭水化物・グレインフリー
  • 動物性高タンパク質・高脂質
  • 尿路結石ケア

低タンパク質・グレインフリーで肥満にならないように気をつけましょう!

同時に動物性の高タンパク質をとり、質の良い筋肉をつくってあげましょう!

そして、すぐエネルギー源になってくれる、高脂質で食べすぎを予防し、つやのあるきれいな毛並みを維持してあげることも忘れないでください!

また、猫が全般的にかかりやりやすいとされている、尿路結石ケアの成分が入っているものも選んであげ、いつまでも元気でいてもらいましょう!!

それぞれのフードの基本情報・口コミ記事もよかったら参考にしてください↓

カナガンキャットフード基本情報・口コミ

シンプリ―キャットフード基本情報・口コミ

オリジンキャットフード基本情報・口コミ

ジャガーキャットフード基本情報・口コミ

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる